子役カウンターを持つ意味

みなさんは子役カウンターを持っていますか?

子役カウンターを持つ意味

今の5号機AT時代に突入してあまり意味のなくなったように思うかもしれませんが、子役カウンターは持っておきましょう。理由は以下になります。

  • ゾーン狙いでは基本使わないが、店に設置台数の多いジャグラーシリーズを打つ場合にあるとないとではリスクがぜんぜん違うからです。

勝つためには期待値を追うと何回も説明をしてきたと思いますが、ゾーン狙いや天井狙いだけではありません。設定看破の推測のし易いジャグラーの高設定を打つことでも期待値を追うことができます。

そしてジャグラーシリーズは店に設置台数が多く設定看破も、ボーナスの合算と子役確率である程度推測できる、設定状況も他の機種に比べまだ設定が入りやすいといった特徴があります。

じゃあ合算だけでいいのでは?という方もいると思いますが、小役の確率がわかることで止め時や、続けるときの決定条件が増えるというメリットがあります。椅子も足がひとつだと不安定ですが、2つ、3つあると安定していくのと同じで、正しい情報はたくさん持っておくことは大切です。

別にゾーン狙いだけで勝っているからいいという方もいると思いますが、勝つための手段をいくつも持っている方が臨機応変に立ち回れるため、立ち回りの幅が広がり勝率も上がると思います。

いろいろな理由で必要な事を言っていきましたが子役カウンター自体は2500円ぐらいで売っていますし、携帯アプリでもあるので自分にあったものを持つといいと思います。複数カウントでき3個以上のデータを残せるものが便利です。

最強小役カウンター カンタくんVフラッシュ ~折りたたみタイプ~
折りたためるタイプだとこんなものがあります。

こんな柄のカウンターもあるようです
ちょっとこの柄のカウンターは目立ちますが、台取りの時もわかりやすいし、他の人と間違いにくいのでいいかもしれません。

ちょっと話はそれますがマジハロの子役カウンターが昔販売されましたが、数量限定だっため3000円から6000円まで値上がりをしていました。

サブコンテンツ