AT機がなくなったらどうするか?

今更感満載ですがこのネタについて書いていこうと思います。なぜこのタイミングで書くのかというと最後に理由を書いています。

さて先週ぐらいに持ち上がったこの話ですが、デマではなく正しいようですね。しかも9月の中盤からの変更みたいです。AT機に規制ができたわけではなく、パチスロ台の検定方法の変更があったようです。これによりAT機を作るのが無理ではないのか、ということからAT機がなくなるという話になっているようですね。

しかしこの検定方法にも抜け道があるんじゃないのかと思います。少し素人の考えになってしまいますが、順押しがダメなら逆押し、変則押しなどがあると思います。

みなさんは大逆転という台があったのをご存知でしょうか?

順押しでは1000枚、逆押しだと2500枚こんな台です。順押しでは検定を通るマイルドな台だけど、逆押しすると天国か疑獄みたいな台ができるんではないでしょう?できるかはわかりませんが。

さて結局は、今のような台ができなくなり、天井狙い、ゾーン狙いができなくなったらどうするのかという話のほうが重要だと思います。今更何を言っても決まってしまったものはしょうがないので、どうするかを考えたほうがいいです。

<スポンサーリンク>

結局どうする?

①設定狙いに移行
②パチンコに移行
③やめる
④頑張る

といった方法があると思います。ゾーン・天井がなくなれば今のAタイプのような台しかできないとなると、設定狙いに移るしかありません。しかし必ずパチスロをしないといけないわけではないので、パチンコに移行したり、これを機にやめてもいいと思います。

私はどうするかというと、勝てる要素がなくなればやめると思います。その時は私にとっての「パチスロ」というものがなくなったということで、このブログは終わらなければならないとも思っています。

さてなぜ今日この記事を書いたかというと、会社帰りに店に行くと、客がいなさすぎてやることがなかったからです。そんな理由でしたw

先の話をしてもしょうがないと思うので、今ある台を楽しみながら勝てるように稼働に励んで行きたいいと思います。

スポンサードリンク
サブコンテンツ