勝てる店の意味を考え、見つけるまでが大事

パチスロをしていくなかで勝てる店、勝てない店があると思います。自分の立ち回りにあっている店では勝てる思います。

もし勝てなくても勝率は上がると思います。設定狙いしかしないのに、設定1しかない店に行けば負けると思います。

だからこそ自分の立ち回りにあった店を探し、見つけることで勝率を上がることができると思います。 探すだけでは意味がなく、見つけないといけません。

ではどのようにして探せばいいのかという話になると思いますので、私の探し方、見つけ方を書いていきたいと思いますので、参考にしてもらえると幸いです。

<スポンサーリンク>

勝てる店とは?

ます自分にとっての勝てる店とはどのようなものかを考えましょう。立ち回りにあった店を探すためにも、自分の立ち回りをもう一度考えるのもいいかもしれません。

設定狙いなら高設定がある店という風に考えるのではなく、もう一段階掘り下げて考えてみましょう。

少し例を上げてみます。

・立ち回り法

  1. 設定狙い
  2. ゾーン狙い
  3. 天井狙い など

・打てる時間

  1. 朝から
  2. 昼から
  3. 夜から
  4. いつでも
  5. 朝だけ など

・移動距離・移動手段

  1. 1店舗のみ
  2. 周辺30分以内
  3. 会社帰りにある店だけ
  4. どこまででも など

とりあえずはこの様な感じでいいと思います。もっと掘り下げてもらっても結構です。そしてこの組み合わせこそが自分自身の立ち回り方法になると思います。

なぜこのようなことを考えるのかというと、立ち回りの方法と自分がどこまでパチスロに時間・労力を撮れるのかを確認してもらいたいからです。

ところで 会社帰りにしか打てないが、設定狙いしかしないといった立ち回りだと、勝てる店はどのような店だと思いますか?

高設定があり、なおかつ仕事帰りでも空いていて(空く可能性がある)、そして短時間で判別ができる状況と言った店だと思いますが、まあ見つけることはすごく難しいと思います。

この場合は、周辺の店にあった立ち回りにシフトをして、勝てる可能性を上げるほうが簡単です。

自分の立ち回りが完璧でも、店にあった立ち回りをしないことには勝率はあがりません。そんなことしなくても勝てるといった方は、こんな記事を見ていないと思います。

一度自分の立ち回りを考え、自分が立ち回れる店の状況に応じて臨機応変に変えていけるようになれば、あなたにとっての勝てる店が増えていくのは間違いないのではないかと思います。

ここまで読んできた方なら、自分にとっての勝てる店とはどのようなものかある程度イメージができてきたのではないでしょうか?あとはその店を見つけさえすれば、勝率は上がるはずです。

ではどのようにその店を探すのかというと、長くなってきましたので次回の記事にしたいと思います。

スポンサードリンク
サブコンテンツ