(昔話) 貯めたポイントに応じて設定5.6を打たしてくれたお店

t02200165_0640048010215915203

今回の記事は昔話になります。

私がパチスロをしだしたのは大学生の頃からです。最初は負けていました。5号機にちょうど移り変わった時期だったので、ハイエナも今ほどいいものがなく、設定が大事な時代でした。

高設定がありもしない店で高設定を探していたら負けてあたりまえだと思いますw

そんな中来店するとポイントが貯まりポイントで高設定を打てる店が近くにありました。その話を聞いて雨の日も、晴れの日も通いました。ポイント目的だとダメなのでちゃんと打っていました。変わった台が多くあり、特にNETの台が多い店でした。

そして大体半年ぐらいで貯まる予定でしたが、通い始めて4.5ヶ月後に高設定を打てる必要ポイントがほぼ倍になってしまいました。せっかく貯めたので一回は打とうと友達とポイントを貯めていました。

そして設定5を打てるまでポイントが貯まりました。その店にはスパイダーマン2があったので設定5で機械割113%ぐらいで勝率が80%前後だったと思います。定員にいい日にちを決めていざ打ちました。

その日は授業があったのですが休んで打ちに行きました。パチスロ好きな友達には言っていました。授業が終わり(18時ぐらい)友達が見に来ましたが、私は現金投資をしていましたw

朝に見せに行くと定員が設定を確認させてくれ、予約シートとなっていました。今では考えられないですねw

詳細は覚えていませんが1000位上のハマりを2回食らったことは覚えています。結局取り返せるわけもなくその日は負けてしまいました。

ただ高設定で負けただけならいいですが、大体10ヶ月ぐらい貯めるのにかかった時間と、たまった時に何を打とうとか妄想を膨らましていた分、ショックはかなり大きかったです。

その日からはその店にはしばらく通わなくなりました。ここで終わりならばよかったのですが一緒にポイントを貯めていた友だちがいると言ったと思います。

その友達は少し後に同じ設定5のスパイダーマン2を打ったのですが6万ぐらい買ったと自慢してきました。そしてさらに凹みましたw

その後ポイント制度は行政の指導により廃止しましたという張り紙とともになくなり、その店もその後潰れてしまいました。潰れた理由は近くに大型店ができたせいでした。この前近くを通ると完璧になくなっていて少しさみしかったです。

最後の方はゾーン・天井狙いで美味しい台がいっぱい落ちているパラダイスのような店だったので重宝していたのですが、仕方ないですね。

長くなってしまいましたが以上になります。

ちなみにその友達は、どんなやつかというと半年ぶりぐらいに来たメールが「金貸してくれ」でしたw(前ふりとかなく一通目で)そんなやつですw

にほんブログ村 スロットブログへ  
ランキングに参加中なのでお願いします。
スポンサードリンク
サブコンテンツ