パチスロでお小遣いを稼ぐサラリーマンの立ち回り

無題

サラリーマンということで、立ち周りの時間に限りがあります。

朝から打てるのは基本土日のみで、平日の稼働は6時ぐらいからの勝負になってしま打事が多いと思います

朝から打てる人や大学生、ニートをうらやましく思うかもしれませんが、うらやましく思うだけでは何も変わりません。

限りある時間だからこそメリハリをつけてパチスロで稼いでいきましょう。

<スポンサーリンク>

平日の立ち回り

まずはメインの平日の立ち回りからですが、基本いい台を打ちましょう。

主に期待値のある台や、合算のいいAタイプなどが狙い目になります。

ここで一番大事なことは、妥協をしないということです。

いい台が無かったら家に帰る。

それをしっかりと守いましょう。

会社でのすとれる発散や、疲れから冷静な判断を誤ってしまうかもしれませんが、負けたら意味がないので、打たずに帰ることを覚えましょう。

合算のいいAタイプですが、なるべく目標はビック、レギュラーともに6以上の台で2000ゲーム以上回っている台を拾いましょう。

平日はがっつりというよりこつこつとかつイメージで、土日にいっぱい出すという気持ちでいましょう。

休日の立ち回り

休日は一日打てるということで気が緩みがちになりますが、平日と同じで打たずに変えるぐらいの気持ちでいきます。。

休日のねらい目ですが、主に設定変更狙いや宵越し狙いを朝一はして、稼働が付いてきだしたらゾーン狙い、宵越しゾーン狙いなどにシフトしていきましょう。

設定が入っているという絶対の自信がない限りは、設定狙いという無茶な立ち回りはやめましょう。

まとめ

稼ぐということで立ち回りについて書いていきましたが、各機種のねらい目は自分で調べるか当ブログを参考にしてください。

無駄打ち。趣味打ちをしないことが収支のアップに一番効率があります。(自分にそう言い聞かせています)

内容としてはすごく簡単に書いていますが、期待値のある台を探して店を移動したり、何日もいい台が拾えなかったり、いい台を拾っているのに勝てなかったり。

ちゃんと立ち回っているのにそんなことが起こってしまう場合もありますが、そこでぶれずにしっかりと期待値を積んでいきましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ