【初心者向け】仮想通貨の仕組みと始め方をわかりやすく解説!

【初心者向け】仮想通貨の仕組みと始め方をわかりやすく解説!

近年は様々なメディアで仮想通貨や暗号資産、ビットコインといった言葉を耳にする機会がありますよね。仮想通貨で大きな利益を得る人もいるため、自分も始めてみようと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、仮想通貨の仕組みや始め方は難しい印象があるため、ビットコイン 始め方がよく分からない!という理由で敬遠する人は多いかもしれません。今回は、初心者の方に向けて仮想通貨の仕組みと始め方について簡単に解説します!

仮想通貨とは

仮想通貨は、暗号資産とも呼ばれ、インターネット上で取引されているデジタル通貨のことです。仮想通貨は、国家や中央銀行によって発行されるものではないため法定通貨ではなく、国の保証がありません。そのため、安全に利用できるように「ブロックチェーン」という暗号技術を用いて取引が管理されています。

2009年に登場した最初の仮想通貨「ビットコイン」は暗号資産のひとつ。その他にも、様々な仮想通貨が登場しています。また、最近注目される暗号資産である「NFT」というものも存在します。

ブロックチェーンとは

複数の取引を1ブロックにまとめて鎖状につなぐ技術を用い、不正取引を防止する仕組みのことです。この高度な暗号化技術によって、データの破壊や改ざんが極めて困難であり、障害などに対しても安定性が高いシステムであるとされています。

NFT とは

ノン・ファンジャブル・トークンのことで、仮想通貨と同様にブロックチェーンを用いて、取引される「鑑定書や所有者証明書を付けたデジタルデータ」のことを指します。

主に代替性がないデジタルアート分野で利用されており、容易に改ざんやコピーができるデジタルデータを偽造不可にすることで、資産価値を持たせることが可能になりました。

仮想通貨とは違って、毎日チャートを確認する必要はなく、フリマサービスのように作品を売買する取引になります。

仮想通貨を始める3つの手順

仮想通貨を始めるにあたって、必要になる手順3つを簡単に解説します。仮想通貨は投資で利益を得られる他にも、決済や送金などにも利用することができます。

1. 仮想通貨の口座を開設する

仮想通貨取引所の口座開設には本人情報の登録や書類の用意が必要になります。申込みは、PCやスマホから行うことができます。

口座の開設に必要なもの

  • メールアドレス
  • 銀行口座
  • 顔写真の撮影
  • 現住所の記載がある本人確認書類

まず、会員登録でメールアドレスを登録しましょう。登録アドレスに確認メールが届くので、入力フォームに指示に沿って、本人情報を入力していきます。

住所や職業など一通りの個人情報を登録したら、本人確認書類の提出をしましょう。スマホで顔と本人確認書類を撮影し、提出してアカウントの作成を完了します。

審査結果に問題がないのであれば、しばらくすると口座開設の完了メールが届きます。あとは利用する銀行口座を登録するだけです。

必要な本人確認書類や提出方法について、詳しくは各仮想通貨取引所のホームページで確認しましょう。

2. 銀行口座から入金をする

口座開設後はPCやスマホアプリから仮想通貨取引所の口座に入金することができるようになります。入金は、即時に反映される入金方法がおすすめです。

まずは、安全な日本円で相場に沿った少額投資から始めてみましょう。また、入金した日本円を投資にまわさずにウォレットに保管することも可能です。

3. 仮想通貨を売買する

購入したい仮想通貨が決まったら、取引所や販売所を選んで、仮想通貨や好きな額を選択しましょう。ビットコインは「BTC」の通貨単位で取引され、2022年5月23日9:38 UTC現在でレートは1 BTC=3,874,775.93円となっています。

1 BTCが400万円弱と高額なため、驚くかもしれませんが、BTCは小数点単位での購入が可能なので少額投資の場合も安心してください。現物取引では、注文タイプという項目があり、希望レートになった場合にビットコインの購入ができる注文方法もあります。ビットコインが購入時の価格より高くなった場合は、売却してみましょう。購入の時と同じような手順で売りたい仮想通貨と売却数を選択し、日本円の換算額を確認して日本円で売却注文をしてください。

最後に

ビットコイン 始め方はそれほど難しいものではなく、基本的にアカウント登録をして仮想通貨を売買する流れになります。仮想通貨 今後も成長が見込めると言われていますので、気になる方はこれを機会にビットコインを始めてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする